ブログ

場所と時間を変えると新鮮な気持ちになる

更新日:

いつも同じ部屋で同じことをしていると、思考がマンネリ化してしまいませんか?たまには、別の部屋で食事をしてみたり、いつもとちがう場所で寛いでみると、とても新鮮な気持ちになります。
自宅の庭やベランダでテントを張って寝てみるのも、とってもリフレッシュできると思います。「え?自分ちで、テント???」という声が聞こえてきそうですがとても楽しいです。私は。。
私は以前、どうしてもそれがしたくなり友達の家の庭でテントを張って寝たことがあります。朝刊を配る人の足音を聞きながら、『この人は何と思っているだろう』と想像して可笑しくなりました。ベランダやお風呂でキャンドルを灯してボーっとするのもオツです。これだけで異空間です。

同じ本でも、読む時の環境によって受け取り方が違ってきます。
タイに旅に行った時によしもとばななの『アムリタ』を持って行きましたが、自宅で読む感じとタイの安宿で壁のシミを眺めたりしながら読み進めるのは、建物に響く異国の言葉や部屋のカビ臭さや外国人のつけた香水などと相まって感じ方が違ってきます。
最近では主人が釣り好きなので、海に一緒に行って本を読むことがよくありますが自宅で読むのとはまた、違った新鮮な受け取りができます。

うちは夕陽がきれいに見える部屋があるので、その時間になるとそこに移動することが良くあります。

また、いつも見慣れた風景も時間が違えばまた全然違う風景に見えます。いつも車で通る道を早朝に散歩してみると新鮮な空気であったり、空気が澄んでいて車も少ないので 鳥が一生懸命鳴いている声が良く聞こえたりして全然違った感じがします。
仕事を片付けるために早出をしたり、夜遅くまで残業しているオフィスは、いつもとは全然違った空間に感じます。
真夏に聞く山下達郎のクリスマスイブはまた、全然違ったものに聞こえます。

いつもと違うことをして頭の中をリフレッシュしてみませんか?

-ブログ

Copyright© 東広島の整理収納サービス|Breeze , 2018 All Rights Reserved.