ブログ

開けるたびにワクワクするクローゼット

更新日:

今日は何を着ていこうかな、とワクワクしながら選ぶことができるクローゼット、いいと思いませんか?
自分のクローゼットは、人が選んだものは入っていません。自分がいいなと思って入れるのを許可したものばかりが入っています。
でも、現実はどうでしょうか?もう気に入っていない服や、サイズが合わなくなった服、メンテナンスが必要ですぐに着られない服が一緒に入っていて選ぶのに苦労し、なかなか決められなかったりしていませんか?
選びやすいクローゼットにしましょう!

まず、クローゼットから全部出してみましょう。ほかの部屋にあれば持ってきましょう。こんなにあるの?と愕然としたかもしれませんね。そして、アイテム別に分けたあと、着る着ない 要る要らないを厳しい目でチェックします。同じような服をいくつも持っていませんか?高かったけど着ていない、もう似合わなくなった、気に入っているけど劣化していて外に着て出られない。明らかに魅力のない服は、処分対象です。思い出深い服は、思い出BOXか、写真を撮ってさよならしましょう。メンテナンスしてでも着たい服は、今すぐメンテナンスしましょう。これは痩せたら着たいと思うものは残しておきましょう。(その代わり、いつまでに痩せると決めてください)
クローゼットに収めるものが確定したら、選ぶのが楽しくなる仕掛けをつくりましょう!
服が少ない人はすべてのシーズンのものが収まるかもしれませんが、そうでない方はシーズンオフのものを別の場所へ。そして最終イメージは最高でも8割収納(これを超えると取り出すときにストレスなのでイライラしますよ)多い場合、あまり着そうにないものを別の場所へ。
服(掛ける服・たたむ服)・バッグ・小物(アクセサリー 帽子 ストール ベルトなど)・その他(スーツケース・服のメンテナンスグッズなど)
このアイテムが混じりあわないように、境界線をきっちりイメージします。そして、アイテム別・長さ別・色別 無彩色・有彩色に分け(有彩色は虹の色 赤橙黄緑青藍紫で並べるとキレイ 無意識に美しいと感じるものはDNAにインプットされていると思います。お手本は大自然)収めていきます。
ハンガーを統一すると、統一感が出てグッと素敵になります。
一回着ただけで、クローゼットに入れたくないという服の一時掛け置き場もあったら便利ですね。
冠婚葬祭のものは、セットで収納するととても楽です。特に葬祭グッズは時間的に余裕がないことが多いので、まとめて置いておくと助かります。

今、自分が身に着けたいと思っているものばかりなので、作業前とはくらべものにならないほどグレードアップして、開けるたびにワクワクするものになっていると思います。

-ブログ

Copyright© 東広島の整理収納サービス|Breeze , 2018 All Rights Reserved.