ブログ

環境を整える

更新日:

自分にとって本当は何が大切か、意識するようにしてみませんか?
自分はどこに向かっているのか、ゴールを設定しないと寄り道だらけの人生になってしまいます。
本意ではないいろんな思い、感情にとらわれてしまいがちになります。
自分は本当は何がしたいのかわからない。日々あわただしく過ぎてしまって、自分のしたいことなんか考える時間もないし第一自分にはしたいことをする時間もない。と考えているかもしれませんね。
でも、みんな心の奥底では、自分はこんなもんじゃない、このままでは終われない。と思っているはずです。
世間体や見栄、体裁にとらわれず、自分は本当はどうなりたいのか、本当に大切なものは何なのか、考える時間を持ってみませんか?
1日があっという間に過ぎるように、1年、10年もまたあっという間に過ぎて行きます。
部屋が雑然として落ち着かない、集中して物事が考えられない、考えようとするとつい他のことが気になる。ということはよくあることです。
環境を整えることはとても有効だと思います。なりたいと思う自分にフォーカスできて、夢が叶いやすくなります。
視覚が与える影響は、とても大きいもので時に暴力的でさえあると思います。
無秩序なものの配置・色の氾濫があなたの集中力を削ぐものであれば、はやく改善するようにしましょう。

この文章を書くにあたって、改めて『死ぬ前に後悔する17のこと』を読んでみました。

他人がどう思うか、気にしすぎなければよかった。
他人の期待に沿うための人生ではなく、自分が思い描く人生を歩めばよかった。
あんなに仕事ばかりしなければよかった。
もっと一瞬一瞬に集中して生きればよかった。
喧嘩別れしなければよかった。
もっと他人のために尽くせばよかった。
もっと家族と一緒に時間を過ごせばよかった。
友達との時間を大切にすればよかった。
もっと旅をすればよかった。
リスクを恐れずいろいろ挑戦すればよかった。
もっと自分の情熱に従って生きるべきだった。
あれこれと心配しすぎなければよかった。
もっと自分を幸せにしてあげればよかった。
周りの意見より自分の声を信じるべきだった。
愛する人にもっとたくさん気持ちを伝えるべきだった。
もっと幸せを実感するべきだった。
もっと時間があれば・・・

最後の・・・、せつないです。
私も数年前に入院生活をして、もう長く生きられないかも?という局面にぶつかったことがあります。検査の結果、その可能性はなくなったのですが。
究極の場面に遭遇すると、こういうことを考えてしまいますね。

命の使い方、もっと真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

-ブログ

Copyright© 東広島の整理収納サービス|Breeze , 2018 All Rights Reserved.